背中痛の原因や症状の種類

背中痛は、単に筋肉痛だったりお天気による神経痛などの場合もありますが、肋間神経痛などの場合、そして内臓の病気が原因で背中痛の症状がでる可能性もあります

たとえば、背中痛があり発熱や咳を伴っているときには、急性胸膜炎の疑いがあります。この場合、背中痛と同時に胸痛があるでしょう。また背中が痛いと言っても、脊髄から肋間に沿って痛みがあるなら、肋間神経痛が疑われます。強い咳をしたり、深呼吸をしたりしても背中痛を感じます。

強い咳をしたり深呼吸をしたときに背中痛が出るなら、背中の帯状疱疹の場合もありますx。発疹は体中どこにでもでき、赤くなって水泡ができ、その水泡の出来た場所に強い痛みを感じます。

また、背中痛と同時にみぞおち周辺が痛いときは、胆石症、または急性膵炎という病気などが疑われます。胆石の痛みが激しいと、みぞおちの右側あたりが痛むだけでなく右側の背中にも痛みを感じるときがあります。また急性膵炎もみぞおちを中心として腹部全体が痛くなり、背部痛も伴い、ショック状態になることもあります。

背中痛と同時に、前胸部痛を伴う場合は、狭心症、心筋梗塞、解離性大動脈瘤などの可能性があります。狭心症は重いものを持ったり、階段を登るなど、カラダを動かしたときに起こるタイプのものや、安静時の就眠中、また朝早くなどのある一定の時間に起こったりするタイプの狭心症もあります。主に胸部が痛むのですが、同時に左肩から左側上腕、背部痛を伴います。

この他にも、背中痛の症状がでる内臓の病気はいろいろあります。もし体全身の状態がおかしいとき、違和感があるときなどは、すぐに病院へ行ったほうがいいでしょう。

背中痛のとき、疑われる病気 ~痛い原因・症状コンテンツ一覧

カテゴリー